借金苦で離婚寸前お金の切れ目は縁の切れ目~夫婦の債務整理

夫婦間トラブルとして借金があり離婚寸前に陥ってしまったなど話は意外と聞きますがお金は本当に大事ですね。お金が無いこと自体に嫌気がさすこともあるでしょうが、実際は間接的にお金が無いせいで求めている生活の最低ラインを下回っているから離婚の原因になるのではないでしょうか。実際夫の借金で奥さんが切りだした場合、よく離婚調停などで貯金額をどう分配(財産分与)するかという議題がありますよね。あれってマイナスの場合どういう扱いになるんでしょうか。

マンション等の住宅ローンや消費者金融からの借り入れも夫婦で分割して支払うのが普通の様です。まあ、家を売ってしまいローンを完全返済できればいいのですが、そういくことはなかなか・・・現実的に難しそうですね。

しかも、離婚する前って実はそのあたり考えていない人が多いんじゃないでしょうか。考えていなかった場合、いざ離婚という時に知識が付いてきてローンも分割となった時きまずいですねえ。やっぱりやり直そうとか気持ちが湧いてくるかも 笑

ある意味不動産購入は離婚を減らす為の買物になったりしてね。(別れたいのにお金が原因で別れられないって苦痛でしかない気もしますけど)

夫婦2人で?夫だけの債務整理?状況に応じて方法を選択

家を持っていて、離婚とはいかなくとも夫婦で借金や住宅ローンを抱えている場合弁護士に状況を相談して最良の選択をとることが第一歩ではないかと。

家を残す為に個人再生をするとか方法は状況次第ですが弁護士の提案は的確です。匿名で借金無料相談とシミュレーション!?解決策を探しませんか?で話したとおりどういった方法がいいのか?を聞くのは匿名で相談できる 街角法律相談所で聞いてみるのがおすすめです。離婚したい場合もその旨伝えたほうが良いかもですね。あなたが夫なら嫁に先に相談されるより自分の味方になってくれるであろう弁護士さんを探すためにも先手必勝というところでしょうか。弁護士だから離婚調停の時も力になってくれますね。

夫婦で借金を抱えてしまうケース!揃って趣味がパチンコだ

このケース知人にもいるんですけど、稼ぎがそれなりにあるのにも関わらずパチンコが楽しくてしょうがないみたいで、勝ち負けよりも打つことが好きらしいんですね。それで借金も抱えてしまったらしいのですが、奥さんも働いていないのでかなり危険だなあと友人の私から見ても幹事ます。彼は今35歳でお子さんもいますから辞めるべきだと思うんですけど、奥さんも辞めないという。。。

これどっちかが真剣に借金のこと考えて真面目にパチンコ辞めて、片方が辞めなかったらまさしく離婚の危機だなあって思いました。

仕事のボーナスカット等により大幅収入減に反した固定費

ギャンブル系は自業自得ですが、こういう例もなきにしもあらずではないかと思います。景気回復か?などここ数年で騒がれてはいますが、実際スポットでみてみると厳しい現実と戦っている中小零細企業は沢山あって、企業存続のために給与の大幅カットなんてこともざらにあるでしょう。

毎月の給与は減るのに当たり前のごとくローンの引き落としがある・・・こんな時に消費者金融等に手を出すのはこらえて現実的に住宅ローン滞納6カ月で競売は借金地獄!家を残す方法か任意売却の検討を!されたり解決策を探したほうが良いです。奥さんが専業主婦であればパートにでるとか、夫も時間を作って副業をするとか、給与のいい会社に転職を検討する等が先でしょうが、ある程度の見切りを考えておかないと手遅れになると思うので。

世間一般では夫婦は困難を一緒に乗り越えるだのいわれていますけど、現実的にこういったお金絡みの揉め事に直面した時に本音で離婚せず乗り切ることができれば、夫婦として厚みが増すのではないでしょうか。