住宅ローン滞納6カ月で競売は借金地獄!家を残す方法か任意売却の検討を!

マイホームは年収300万円からとか昔バイトでも家を買う等、日本のマイホームが幸せである症候群は異常だと思うんですが皆さんどう思いますか?

最近では年代で価値感も変わってはきているものの持家というブランド価値は高く賃貸であることが恥ずかしいとさえ思っている人も少なからず存在します。

無理に住宅ローンを組んだ後に仕事がなくなりローンの支払いが滞る。。。こんな状態なっ住宅ローン会社側はとりっぱぐれがないように動いてきますのですぐに競売にかけようとしてきます。

住宅ローンの滞納後6カ月くらいから競売が決定するのが世の常で強制的に住む家が無くなり市場価格よりも安く売られ、残るのは借金だけです。

競売で安く処理され家なしなのに住宅ローンが2千万、3千万残ってしまう借金地獄なんて最悪の事態だけは避けましょう。

競売にかけられる前にすることは2つ
①任意売却を検討する(競売よりも高く売れます。弁護士に相談して滞納の交渉等を行い売却ルートを探す等)
②マイホームは家族の宝。なんとかして家を残す方法を考える。

どちらも、競売よりはるかに良い選択肢ですが、これを行うのは借金に追い込まれている素人だけでは無理。弁護士もどこでも頼める訳ではない。。要望によって得意分野が弁護士もあるので。ではどうすればという時に頼んでほしいのが任意売却相談センターです。

任意売却相談センター

任意売却相談センターは住宅ローンの滞納に悩んでいる方に特化した相談サービスで、相談の要望に応じて、弁護士や高く売る為の売却を一緒に考えてくれるサービス。相談無料です。

特化しているので話がスムーズに進むことは間違いないでしょう。現状の残額のローンや滞納して何カ月か?また今の家を残したいのか?競売をさけたいのか。また本来は滞納してとか滞納前に相談する方が良いですが競売開始決定通知が届いてしまった後も相談の余地はあります。実際に競売開始決定通知が届いた相談者も最悪の事態を逃れ今も家に住み続けている依頼者さんもいるようです。(HP上) 時間リミットがあるので早め相談が良いかと思います。無料なので話すだけ話してみましょう。

なぜ同じ物件が競売だと安く売られてしまう?

強制競売が裁判所を通して決定後物件の「査定」がおこなわれ、その査定によって物件の最低売却価格が決定します。その最低売却価格は査定された価値の6~7割でスタートしますが、そもそもの査定額も気になるところですよね。 そもそもの査定価格が安いという可能性もありますし、競売物件自体購入者にとって「リスク」が山のようにあります。

リスクは物件を内覧ができず、落札までの意思決定の期間が約1カ月という短さ。そして購入後の保障は一切ないという条件。家を買う時どのくらいの期間をかけましたか?ある程度地域を絞るのも時間かかりませんでしたか?郊外のニュータウンに住むのか狭く古くても都心のほうがいい等多くの時間をかけて検討されたと思います。短期間でタイミングがあう人だけがターゲットになるというだけでも売却の戦いとしては不利になるでしょう。

こういった条件から単純計算で考えても2,000万円で売れるはずの家が6割で売れたとして1,200万円になってしまうという。。 さっきもいいましたが、そもそも論として滞納の時間を待ってもらえば2,000万円でなく100万200万高く売れるかもしれないのにです。

生活環境の変化なし?「リースバック」という方法

家を残す方法として1つ使われる手法を紹介しますとリースバックという技が使われています。これは、持家のあなたの物件を会社Aに売却し、その後会社Aから売った家にリース(家賃)を毎月支払い続け住む手法です。

つまり売却したお金を住宅ローンの返済に充て住み続けるという形になるのですが、デメリットとしては、持家ではなくなるという事です。しかし、競売にかけられてマイホームを奪われ借金だけが残るよりははるかに良いですし、家の買い戻しは基本的に応じてくれる様です。

いずれにせよ住宅ローンを滞納している状態で期限が迫っている中一人で解決策を探すのはほぼ不可能と言えます。先ほど消化した任意売却相談センターの弁護士に相談し解決策を聞くのがいいかと。一つの方法論をとってもいくつも経験している専門家の方が安全な道を教えてくれると思いますので。

サービス自体の仲介をなるべく減らし自力で飼い主を見つけるのはまず不可能ですが不動産会社に査定依頼できるサービスや片手仲介業者を利用するのは一つの方法かと。

リスクとしては競売にかけられている機関なども考えないと交渉の時間がぱーになりますね。一括査定系の裏側と言うか本質は楽で買い手が見つかり、且つ高くではありますが買い手がみつからない・・・という可能性もひめています。