【特集】借金270万円のきっかけ
300時間勤務ギリギリ生活からの脱却への誓い

2015年某所夕暮れ時にこのインタビューは行われた。
たまたま知り合ったのが偶然の連続で借金が270万円になてしまったという日向さんだった。まだ20代。彼女はどういった経緯があってこの先どんな道を選んだのだろうか。

今回インタビューを受けてくれた方
日向さん(仮名)
20代 女性
インタビュアー:K

今日は宜しくお願い致します。お金を借りた過去、今、そして未来について
お伺いできればと思います。

最初の質問です。初めてお金を借りた(消費者金融等)を借りたのは
どのくらい前になりますか?

日向

2011年ですので3、4年前になります。

何というサービスから借りましたか?

日向

名前を挙げると最初に初めて作ったカードは2枚

U●カード ショッピング枠20万
楽●カード ショッピング30万キャッシング50万
でした。

楽●カードさんから20万、30万と分けてお借入した形になります。

いわゆる、ア●ムとか消費者金融ではなくクレジットカードの
キャッシング枠がメインだったのですね。

元々、キャッシングをしたときにこのカード2枚は元々持っていたのでしょうか?
それとも、キャッシングをする為にカードを作りましたか?

日向

持っていました。 U●を初めて作り、友人から誘われ、キャッシング枠がついた楽●カードを作り、お金に困りあとのカードを作成した順となります。
楽●さんの枠で限界になった為、お金を借りることを目的に、あとの3枚は作りました。1枚はクレジットカードとしても使っていますが、キャッシングにも頼っていましたので。
日向- 今持っていたカードをあげますね。

U●カード
楽●カード
●●銀行カードローン
プ●●ス
セ●●カード
それぞれの枠を合せると300万ほどになると思います。
その中でも●●銀行さんは100万のローン枠になるので一番大きいです。

なるほどありがとうございます。
借りたい時に既にキャッシングをする手段があったわけですね。

ちなみにリボ払いですか?(最初の2枚についての質問)

日向

はい。そこで、簡単に借りれるということを「学んでしまった」のです。
全てリボ払いです。

一括支払いに限界を向かえ、リボ宣言するしかなくなってしまっていました。

元々は一括払いだったのですね。リボに対する抵抗ってありましたか?

よく、WEBの情報なんかをみると、リボは分割だから良かったと思っていたら予想以上の利息にびっくり!っていう方が多いと思うんですが、やはり最初は抵抗がなかったりするものでしょうか?

日向

1括で払ったほうがいい、そんな考えで最初はいました。
でもやっぱり金額が大きくなると厳しくて。。。

しかし抵抗は正直いえばほとんどありませんでした。

そのとおりです。
最初は抵抗がなく、月々決まった金額で済むし、少し高くなるだけ・・・
そんな甘い考えでいたんです。

でもよく計算してみると、私の借金額だと1年ほど利息だけで支払いが伸びてしまう計算になるんです。

返しても返しても元金は減らず、1万返しても6000円くらいしか返済したことにならない。その現実を目のあたりにしました。

そんなにですか。1年は長いですね

途中で返済の元金があまり減っていないなあと気がつく感じでしょうか?
気がつくのって、借りてから結構後ですかね?

日向

こんなに違うのかって本当に驚きました。
私はすぐ気が付きました。
返済したのに全然枠が増えないのを目にしたからです。

でも、最近は明細がすべてネットになっていることもあり、
なかなか全ては把握できませんでした。

でももう、それを目にしても「一括」には戻せませんでした。

あ~それありますね。やはりネット明細ってわかりずらいですよね。
私も携帯代とかほとんどチェックしませんし。

一括に戻せないのはきついですね。ご回答ありがとうございます。
次の質問です。
20万、30万と始めて借りてから順番に借りていったということですが
お金の使い道は何に使われていたのでしょうか?

日向

最初は生活費としてです。

生活費というと。食費とかですか?

日向

仕事の給料減額により、生活が厳しくなり
退社したあと、3か月ほどおこずかい程度の収入で生活していたので。
いわゆる雇用保険で食べていました。
しかしその額では限界があり、しかしメンタル的に病んでしまい働ける状態でもなく、しょうがなく借りる、その程度でした。

なるほどです。差し支えなければお給料は月いくらもらってて、
どのくらい減になったのでしょうか。

日向

手取り17万円だったのが7万円です。

雇用形態は正社員ですか?

日向

駆け出しの会社に入り、事業がうまくいかず、全社員減額となりました

そういった事情でしたか。貴重なお話ありがとうございます。
そうなると、お金を借りるしか取りあえずをしのぐ方法はありませんものね。

日向

はい。

次の仕事が始まったら少しずつ返していこう。と思っていたんです。
すでにそのときだけで100万近くの借金があったことになります。

るほどです。ちなみに、利子の兼ね合いとかで、業者ではなく知人
例えば、ご家族やお付き合いされている彼、友人等に借りるという
選択肢はありましたか?

日向

お金の面で友人に迷惑はかけたくありませんでした。

それは彼もです。同じ仕事をしている為、
お給料がよくないということはよくわかっていましたので。

両親にも自分がやりたい仕事だと押し切って出てきたため、
自分でどうにかしないと、という気持ちがあったのでこのときは頼りませんでした。
お金で人間関係を崩すようなことはしたくなかったんです。

ありがとうございます。次の質問です
一番借金が膨れた金額ってどのくらいですか?

日向

一番あるときで270万ほどありました。

270万円はすべて生活費に使ったのでしょうか?

日向

100万は自分の娯楽。
70万は引っ越し等さまざま

そのような割り振りになるかと思います。
※残り100万円は生活費

270万円という総額になった時って仕事はされていましたか?

日向

はい。
一昨年のお話になります。
今の会社に入り、2年目のときでした。

それから借金は徐々に減っている感じですか?

日向

210万まで減りました。
もう多重債務者となり限度額も減り、
停止しているカードも有る為、カードが2枚ほどしかいきていないので
そのおかげもあります。

なるほどです。やはり使えると使ってしまいますか。

日向

使ってしまいます。
毎月300時間以上働いても返済をしてぎりぎり生活ができるかどうかで、
きつくなってくるとどうしても、頼ってしまいます。

5枚のカード合わせて、それだけで毎月の返済が10万以上ありました。

やはり、人間の性ですね。
でもそこから210万まで減らしたのは凄いことです。
利息も多かったでしょうに。何か特別したこととかはあるんですか?

日向

特別なことは、なに1つしていません。
はっきりいとう、滞納してしまったこともあります。
それでも自分の身の回りのものを売ったり、仕事を増やしたりして
滞納はしてもなんとか払い続けてきました。

予想外だったんです。
今の会社の給料が毎月2万減額ボーナス全てカット。

さすがに生活が厳しくなり
返済の為だけに本業以外に2つ、バイトをしています。

ですがわかっていても、2枚の枠があるカードは頼ってしまい
全然金額が減ってくれない状況です。

滞納もあったわけですね。
やはり、5枚のカードですと、利息もすごそうですが1社だけにしよう
とか考えは浮かんでこなかったのでしょうか。

日向

考えました。
しかし3社以上の多重債務者
そして滞納履歴も有り。携帯の強制解約の経験も有り。
そのなってしまうと、なかなかOKを出してくれるところが見つけられませんでした。

何社くらいあたったんですか?

日向

3社ほどですかね。
ネットから申し込む形で応募していたので、
直接やりとりをしたわけではありません。

なるほどです。結果的に1社にまとめることはできず、
今も複数の会社さんに返済をしている形でしょうか?

日向

去年まではそうでした。
しかし、今年にはいってから今1社にまとめる方向で動いています。
あとは書類が全て揃えば融資をして頂けるようです。

審査が通りそうなのですね!それは良かったですね。
返済実績とかそういう兼ね合いがあるんですかね。
金利はかなり低くなるんじゃないでしょうか?

日向

過去半年間の返済実績、残高証明書
から考慮してくれるようです。

18%近くあったのが2%になります。
「私」が借りるのではなく、「父」が融資を受け私が保証人になったのです。

18%と2%だと相当ですよね。
保証人にお父様がなられたのですね。
がんばって返していかないとですね。

日向

今の金額だと半年前倒しになりますし、
3万ほど減らしても当初の期間と同じくらいで返済が終わります。

3万円程とは月々の返済額ですか?

日向

はい。月々7万くらいの返済にできるということですね。 それでも、2年半です。

保証人にお父様がなられたとのことでしたが、やはり
そのくらいの返済額の差があるから日向さんが頼み込んだ感じでしょうか?

日向

いえ、父に話せるものではないと思っていました。
多重債務者です。借金200万越えです。
そんなこと言えませんもの。
ですがこの4月から新しい道に行くことを決め、
相談したときに
「なんでそんなにお金がいるんだ」
というお話になりました。
朝6時から深夜2まで働いて
なんでそんなに必要なんだと。

そこで話すしかなくなり、借金のことを全て意を決して話しました。
そうしたら父が
「銀行から融資してもらえるよう協力するから、そんなところから借りるんじゃない」
といい、今回このような形をとることができたのです。

私が「保証人」という形になりますね。

なるほどです。日向さんのお父さんからの提案だったわけですね。
日向さん、その言葉、嬉しかったんじゃないですか

日向

もう号泣でしたよ。
肩の荷が下りたというか、らくになったというか。

ですよね。私も今お話聞いていて涙でそうでした。

日向

ずっと催促の電話におびえ、無理をして返済をしていたので
本当にごめんなさいと、ありがとうでした。

日向さんの中ではもう今の借金についてある程度答えが出ている気がしました。
もう、がんばって返済、完済するしかないですよね?

日向

もちろんです。

自分が招いたことですが、もうさんざん辛く、きつい経験をしました。
借金なんてもう嫌です。親にもこれ以上迷惑をかけたくありません。

2年半かかりますが、しっかり返済していきます。

その言葉が聞けて良かったです。

最後に、今、昔の日向さんの様な状況の方がいると仮定して
何かメッセージを頂けませんでしょうか?

日向

その場はいいかもしれません。
返済できると思っていても、その金額が年収の半分を超えた時点で返済は厳しくなってきます。
女性は特に、それを返済するにはがむしゃらになって働いて体を壊すか
風俗に走るしかなくなるというのが現実です。
そんなふうにはならないと思っても、簡単にその穴にははまります。

ちゃんと今の自分の状況を把握したうえでの「お金の使いかた」
もしもうそのような状況なら、難しいとは思いますが
「周りの人に頼ってみてください」
何かした絶対、アドバイスをくれる人はいます。
一人で苦しまないでほしいです。

勇気をもって相談することをお勧めします!

貴重なアドバイスをありがとうございます。
日向さん本日は貴重なお時間頂き有り難うございました。

このインタビューが、同じ悩みを誰にも相談されず抱えている方の
目に触れることを願っています。

日向

こちらこそ有難う御座いました!
私の経験で少しでも誰かのためになれたら幸いです。

有難う御座いました。

編集後記

このインタビューを行うことのきっかけとなった事の詳細等は彼女の身元を隠すためにも詳細は伏せるが、債務整理という選択意外に返済を続ける方はどのような状況から多重債務になるのか?という疑問からだ。

2時間のインタビューだったが私の感想はこうだ。
現代社会はお金がないととても苦しい。しかしお金の相談というものは9割の人が人間関係を大事にし相談する事が出来ない。当然、相談をした場合信頼を失う危険性があるからだ。一般的には借金が200万円以上ある人の事を多重債務者という言葉を違和感なく使っているがとても残酷な言葉だと感じた。だって、このインタビューを読んでもらえれば分かると思うけど、彼女はどうしようもなくお金を無駄づかいしているわけないのだ。

タイミングが悪く不運が何度か重なっただけだ。
100万円未満の時に相談ができていればと思うこともあっただろう。
でも、やっぱり人間関係を大事にしたということを攻める事は誰にもできないと思う。

社会が生み出した構造でお金を借りなければいけなかった。という人が何人もいるということをこのインタビューを通じて理解が深まるようにと願います。

インタビュアー:K