新国立競技場3000億は借金!?誰が払う&額が多いかが問題ではない

オリンピックまであと数年、新国立競技場の大幅リニューアルでコンペを通過した案が結果3000億円近くかかる。元々は500億くらいだった。(本題ではないのでざっくりと)
こんな話題が盛り上がっています。

国単位で使うお金と個人の使うお金はどちらも投資効果があるかがかなり大切

国民の声は様々ある中大半が「馬鹿なの?」「高すぎ白紙に戻せよ」「俺が代替案作ったからこっちのほうがよくない」という否定的意見です。当然です。あんなものに莫大な税金を使うなんて馬鹿げています。オリンピック招致自体反対派が出てるのは、オリンピックを自国開催したくないからじゃなくて、こういう金銭的に目に見えて赤字、大赤字がでることがわかっているから反対する人がほとんどだと思います。世界に向けて日本の技術を見せたい。というのはわかりますが、これはただの見栄にしか見えません。

しかも、デザイン確かに近代的ですがこれが、3000億以上のリターンを生むことができるの?と問うた場合甚だ疑問ですし、海外からくる人達が3000億(従来の5~6倍くらいの予算)も作って作ったのね素晴らしいとはならないよね?という感じです。目に見えたインパクトはないなんというか、服で言うところのそれブランド物か?という様な自己満足の域をでません。過去の五輪のメイン競技場ってぱっと記憶に浮かびませんしね。

ホントこんなにくだらないことに金かけるなら、旅行の宿泊サイトの規制緩和とかを考えたほうが良いのではないでしょうか。あ、一般人がバックパッカーとかに宿泊代を貰い貸すなどのサービスって宿泊業の免許とかとらないと運営できないとかそういう件です。くだらない。

お金がかかるのは、どうやら形にする時に建築方法にどうしても予算がかかるようで、作る職人たちに非は無いでしょう。

このサイトでなぜこんなことを言及したかというと、国の借金は国民全員の問題なので。個人が借金をして返済していく場合は個人の問題で、破産、借金整理するのは個人の問題です。国の場合は社債などを発行して財源を確保するのが普通ですが、最悪破綻だってあるというのは頭に入れておかねばなりません。(いや破綻なんかしないよというのはそうかもしれませんが面倒なので細かい話は省きます)

最悪破綻してしまったらギリシャの様にEUから助けを借りて復活を試みたりと肩身の狭い国になりますし色々と経済的には発展はありえなくなります。

個人的借金も生活にかかわるレベルの客観的意見を想像すると無駄に使わなくなるかも

国の予算を見ると非常に危機感を覚えますが、単位を個人に戻しましょう。
これ、個人も同じ事ですよね。客観的に他人や国を見てみるとなんて馬鹿げたお金の使い方なのだ。と感じると思います。でもこれなぜ、馬鹿?っておもうのか?

簡単です。そのお金が正しい投資かどうか?例えば投資した額以上のリターンがあるのか。またはその投資によって間接的に大きなリターンがあるのか。そして返済するのに負担にならないのか。これだけです。先ほどの新国立競技場建設費に関して言えば、まず赤字確定でしょう。そして何かとてつもない新しい発明なのか?といえばそうでもないし、2次活用もたかが知れています。

お金の使い道に迷った場合、自己責任で何とかなる場合、逆にですが自分は国の総理でこの決断が、国民に負担を強いる可能性があると客観的視点を持ってみるともしかすると無駄遣いは減るのかもしれません。なんてね。