借金返済できないケース3個と相談すべき相手とは?

借金が返済できなくなってしまうまで追い込まれてしまう人を責めることはできません。なぜならこの世の中は相対的でお金儲けをしている人がいれば金欠の方が生まれる民主主義だからです。よーいドンでかけ足をスタートしてみんな一緒にゴールするの世の中ではないので誰しも借金が返済できないというケースがやってくる可能性はあるのです。

そのケースを今回は考えてみました。

借金が膨らみ単純に返済のあてがない金融機関からの借金

特に理由もなく借金が気が付いた時に収入では返すことが出来なくなってしまった。このケースが実は一番多いと思います。

この場合は解決策を見つける必要がありますが素人判断では間違った方向へ走りがちですから法律のプロに相談する事が一番でしょう。

中には毎月の返済が15万円に膨れてしまい返済できないと悩んでいたのが毎月5万円にといった事例等は山ほどあります。

以下は弁護士に匿名で相談できるサイト↓。解決策の糸口がみつけたいならすぐ使ってみてください。無料なので損はしないと思うので。

返済できないほどの借金を抱えてしまったということは複数の消費者金融から借りてしまったとう可能性が高いため今よりも低金利のサービスを探し一つにまとめる方法もとれるならとっておいたほうがいいです。現実は借入過多になっている方にまとまったお金を貸してくれる銀行さん等は意外と少ないのですが審査をするだけしてみてもいいのでは。

[参考]:借金解決 無料相談!匿名で借金の悩みを弁護士に内緒で話す!

事実上のリストラや会社が倒産しがいきなり無収入

真面目に働いていても収入がなくなるケースとしては会社の倒産。このご時世実は倒産している会社は結構あります。東京商工リサーチの速報では破算開始や負債総額1000億とか詳細が付いて報告されていますが、これ毎日ほぼ何社かのしかも意外と有名な会社さんも倒産しています。

消費者金融や金貸し屋さんも勤め先を審査条件の一つとしてみていますが、どうしても倒産を逃れることのできない有名企業もいるんですね。

で、こういった時の対処法ですが、毎月の返済金額を減らしてもらうのが得策だと思います。次の仕事が見つかるまで収入が無いわけですから出費はなるべく減らす。これが大事だと思います。

事実上のリストラとつけたのは、本人都合という名目で圧力や社内で干されてしまいというケースですが、こういった場合はまだ会社が存続しているので雇用保険で仕事が見つかるまでなんとかなると思います。とはいっても未来の収入は安定して入ってくるとは限りませんので同様に借入先に連絡を入れ返済金額を一時的に減らしてもらう事が大事。

本人が死亡してしまった場合の借入れ残高はどうなる?

まず、借入の額をある程度整理してみますと、

A.個人向け融資の借入れ ~500万円
B.住宅ローンなどの高額融資 ~4,000万円

ありそうなケースとしてはこの2つ。まず「A」ですが条件としては保証人がいないケースが多いかと思います。法律面で考えるとその家族や親族にあたる財産を相続する人がいた場合、借金を引き継ぐかどうかの権利がその人達に与えられます。

通常、借金を引き継ぐことは無いと思いますので財産放棄を行えばそれでOKという形になるでしょう。但し、残された家族としては故人の思い出の品を残しておきたいもの。ものに価値がある場合は放棄してしまうと自分たちのものでなくなってしまうので、そのあたりの問題はあるでしょう。

Bの場合、住宅ローンを組む際に「団体信用生命保険」という保険があります。この保険の審査に落ちて入らず、住宅を購入してしまうのは極めて危険。あなたが夫の場合で亡くなってしまった場合、住宅ローンを払わないと家を失うことになります。財産放棄をして借金からま逃れたとしても家は失うことになりますしご主人が亡くなってすぐそんな判断をするのはつらいです。この保険はなるべく入れなかったら家を買わない。というのが得策ではないかと。

保険に加入していれば、残された住宅ローンを完済してくれる形になり、お家はご家族の所有物となります。

返せない借金は返済方法を考えるよりもプロに相談する方が効率的

冒頭でいったとおり、返せないということは誰にでも訪れる可能性がある恐怖で、日本人は法の下で生活をしているわけです。法律に守られているわけですから個人の力でなにかするには限界があります。

返済方法なんて限界が合って単純で、コツを一ついうなら稼ぎまくるしかないんですよね。そんなことできるならとっくにやっているわ・・・という話。

債務整理をせず自力で完済することは決して悪い事ではなくむしろ素晴らしいことですが維持になるのはよくありません。理由は限界を超えている場合、足長おじさんがいきなり現れて1,000万円くれるとか非現実的な事がおきなければ、完済は無理だからです。

限界を超えてしまった場合に陥りやすい罠は、他社から返済するための借金をしようとする。しかし、法律上借入れがもうできなくなっているのでヤミ金に走る。これが最悪の流れです。誰にも相談できずに命を落とす方もいます。それだけは絶対にやめてください。 遅延損害金が発生し借金が膨れ上がるだけの状況なら無料相談をしあなたにあった解決策を探していくことが法律で守られた日本ではできることなのです。だから悩まずまずは一歩を踏む出してみませんか。