借金を減らす方法の第一歩は状況を知る事!節約は焼け石に水

お金絡みで一番つらいことって何ですか?私が思うのはお金のせいで身動きが取れなくなることだと思います。目先の返済に追われ本当はもっといい借金を減らす方法があるのに知らないで時間を無駄に過ごしてしまい、知っているだけで解決するのにお金のせいでその知る為のタイミングを逃している。これは借金苦に苦しんでいる人に多いと思います。

客観視も取り入れ最適な方法を探す!気合いだけでは返済不可能?

匿名で借金無料相談とシミュレーション!?解決策を探しませんか?で紹介した匿名で相談できる 街角法律相談所に相談する事で解決策が見つかる人も多数いるのでもう返済できないと苦しんでいる場合は無料なので聞くだけ聞いてみればと思うんですね。特定調停、任意整理、自己破産とか方法論はいくつかあるわけで、まず選択肢を知ることは大事です。

平均年収が300万だとしても借金苦で悩む方は平均以下の可能性が高く一般論で言うところの平均で返済する為の計画は参考にならない。同じ100万円でも年収500万円のサラリーマンと年収100万のバイトでは違う額であるのはいうまでもないですが、それに加え、家庭を持っているだとか、独身だけど身寄りがないとか環境によってもその時返済できる額は変わってきますよね。気合いで返済しろよ!自業自得だろ!とツイッターとか眺めていると、何の苦労も知らないボンボンが騒いでいますが、それなりの事情がそれぞれにあるんですよね。だから気合いで働いて返済するというのは、本当に自分に返済能力があるのか?を考えてから動かないと貴重な時間を無駄にします。

500万~億越え?多重債務者の末路は「借金をなぜするか」が全てでも話したんですが、なぜ借金をするか?っていう目的あって借金し、駄目だったことなんて考えていないですから、その現実を受け止めるのってそう並大抵ではないですよ。だけど、受け入れなければ何も始まらないのが現実なんですよね。あきらかに限度が限界がある借金を返済する事はできないんです。ラッキーが突然やってきて宝くじが当たるとか、富豪の人に気に入られて遺産相続とか、稀に謎のラッキーボーイ&ガールがいますが、相当な確立ですし、希望的観測で借金が減るのは考えたら泥沼にはまるだけです。

借りる時に消費者金融は「限度額」を用意していますが実際もう少し限度額を落としたほうが良いと思うし、借りてから1年2年たってみた時のあなたの限度は変わっているかもしれないですよね。そこを見極めるべきだと。希望はなんとなくではやってきませんから、一度、現状を把握し、受け入れてからどうすべきかを考えていきましょう。

節約は焼け石に水!収入を増やす事の方が本当は大切

借金を減らすコツは状況を知ることが大切なんです!よく、生活費を節約するとか題材として扱われているんですが損益を考えないと意味がないです。根本的なボトルネックを無視して節約しても意味がないのです。

借金に苦しんで自暴自棄になって安月給の仕事やバイトにも身が入らない。お金の問題は知らず知らずのうちに直接的にその人の心を支配し不健康になりますよね。考えたくなくても朝起きて思いつくことは借金返済どうしよう。お昼御飯や夕食も高級焼き肉の店の前を通り過ぎ少しでいいから食べたいなとか。やりたい事ができない生活になりストレスが溜まり悪循環に陥っているんですよね。

だって、稼いだお金が借金へ返済へと流れていくわけですからね。

だから考える時間があまりなく、稼ぐ事が出来なくなり節約に走りストレスがさらに溜まる。こういう悪循環を回避する為、また、そういった状態になっている人は弁護士に相談したほうが良いと思うんですよね。いや、あたしは、そこまで借金に苦しめられていないわよって方は返済する能力があるのかもしれませんね。

私が思う借金で一番良くないのは心を奪われる事だと思っていてまだ返せると自ら発破をかけない状態で返済できると普通に感じるなら債務整理とかは避けたほうが良い気がします。ただ、開き直るのはよくないですね。今生活保護とか無駄に税金を使われているのでそういったものを狙って開き直るのは辞めてくださいと言いたいですし、辞めておいたほうが今後の事考えてもいいかと。

未来は誰にもわからない!経済はお金を使った平和な戦争である

戦争というと語弊があるかもですが、経済はお金というツールを使った戦いで、ゲームともいえますよね。弱者に優しい日本だから日本に甘えているのは危険な過渡期にさしかかっているのではと。貧困格差が騒がれることがここ数年増えてきましたけど、日本は貧困が無いというのをデータ出ししたり、世界と比較しても貧困層は少ないんですみたいにいいたがる専門家がいますが、単なるデータでしかなく着実にお金に困っている層は増えている気がします。

今はなんとかなる。かもしれませんが、他国の情勢をみてみるとデフォルトになってしまった国だってあるし、実際の生活環境がどう変化したかは現地にいってみないといけませんが、20年前栄えていた国が一気に衰退することだってこんな時代ではあり得る話ではないかと。

昔はまだ全然大丈夫だ。日本は安全で裕福で貧困にはならないなんて私も思っていましたが、一生懸命働いてやっと生活ができるんだなあって実感してます。まわりを見渡しても楽しんで仕事している人はまあいますけど、反面楽しみの中に、自分でなんとか生きていかないといけないから仕事を頑張るという無意識のうちのがんばりはある気がしますね。

これは男性だけでなく女性もです。今更、少子高齢化で子供が少ないとか嘆くのやめてほしいですよね。根本的に先行き不安から仕事に没頭しないと安心できないとかがあると思うので。

かなり脱線してしまったんですがお金は苦しめる為に出なく大事な人や幸せな時間を買う為に使う物だと思ってます。大金がどうこうよりも、まず苦しみから抜けてやり直すことは許されるんですよね。だから借金を減らす為の第一歩を踏み出してみてはと思うのです。