借金解決にかかる弁護士費用の相場ってどのくらい?

これから弁護士に借金問題を相談する上で知っておきたいおおよその相場と費用の項目を紹介します。債務整理の方法には種類がありますが、着手金や相談料がかかる時とかからない時があります。。

債務整理の場合、分割や後払い対応の弁護士もおりまして、当サイトお薦めの弁護士事務所や専門家は実績面でも、費用面でも問題なくと分割、後払いにも対応のとこだけ紹介してます。

一般的な弁護士事務所に支払いが発生する項目

通常、弁護士に支払う費用は以下の様な項目にわかれています。。

相談料:依頼前だが債務整理はほぼゼロ円

依頼前等に法律関係の相談をのってくれる時にかかる費用で相場は30分5,000円~と言われています。債務整理の場合は基本的に相談料は無料の弁護士さんが多いです。当サイトでも相談は無料の弁護士さんだけしか紹介していません。。

着手金:弁護士に納得後案件に応じて支払う費用

案件に着手するときに最初に支払う費用。案件によって無料の場合もある。。

報酬金:依頼した裁判等で勝訴した時等

依頼の内容によって異なりますが成功報酬で10%などの設定がされており発注者に100万円戻ってきたらそのうちの10万円が弁護士の成功報酬になるという仕組みです。裁判や過払い金返還請求の際にこの成功報酬型の料金体系が採用されている。。

顧問料:主に法人が契約し支払う費用

TVドラマ等で悪い企業の社長さんが顧問弁護士に相談させてくれるか?なんてシーンをよく見かけますが企業の法律的なトラブルなどに弁護士が顧問として契約をした場合、毎月50,000円~が相場の様です。。

手数料:書類の作成にかかる費用

契約書や事務書類の作成等で発生する手数料。。

債務整理は相談料が無料でどこから費用がかかる?

事務所によっても違う様ですが、債務整理の中でも、完済過払い請求の場合は着手金ゼロ円でやっておられる事務所さんは多いようです。任意整理、自己破産、個人再生等は着手金はかかるのが一般的。。

<目安金額>
・任意整理:債権者1件=4万くらい
・自己破産:50万
・個人再生:50万
・過払い金:成功報酬20% 。

だいたいこのくらいの額が弁護士の報酬、着手金になる訳ですが、裁判になるとやはり費用はお高くなります。。

「まじかよ・・・50万も持ってないよ」。

って声が聞こえてきましたが、それは当然。債務者は基本的に初期費用にかかる費用は負担になることが多い為、弁護士事務所さんは分割払いや後払い等を可とされています。。

弁護士事務所は安さよりも実績ベースで選びましょう

答えとしてはNOでしょう。高すぎるのも良くはないですが弁護士も仕事で債務整理のお手伝いをしているので安くなりすぎるのは怖さがあります。実際裁判ともなると期間的に6~1年くらいはかかる可能性、下手したらもっとだってあるわけで、報酬を後払いにしていた場合1年後くらいになるじゃないですか?。

これって自己破産の50万ってそんなに高くないと思いますよ。また着手金に関しても分割等が出来る場合は1万とかの差で安さ重視だけの選び方はさけたほうが良いかと。。

紳士に向き合ってくれる弁護士さんであれば立ちあげたばかりの小さな一人でも良いのですが、実際に紳士的に向き合ってくれるかは誰にも判断がつかないんですよ・・・。

一生懸命やってくれる可能性は安い一人事務所等でもあるかもしれませんがそこは敢えて冒険をするところではないでしょう。

結局は債務整理に強く実績があるところで値段も相場からずれていないところを選ぶのが失敗しない方法なのかなと。