時効を待ち借金を消滅させるなら自己破産の方がベター?

借金をどうにかする方法を探している内にたどり着く一つの情報として「時効」があるかと思います。結論として、選択肢としてはとらないほうがいい手段ですが法律的には時効があるという説明になります。個人からの借入、法人からの借入で時効の年数等が変わってきます。まず、結論から言うと消費者金融等の金融機関から借入れしている人で債務整理がさっぱり怖いとか、分からない人は匿名で借金無料相談とシミュレーション!?解決策を探しませんか?で書いている通り相談から始めてみてはどうかと。夜逃げ自体辞めておくことが無難ですが、そう考えてる人は相談すらアレだと思うのでここならメアド、電話番号は必要ですけど考え方変わると思いますので。

個人は10年賃金業者は5年:時効成立?

返済請求や返済などをした最新日から個人は10年、法人は10年、なにもやりとりがない場合に時効が成立します。賃金業者から返済遅延中、返済の要求が無いということはまずありえません。

個人間の場合「借用書」などをきちんと用意していない場合が多く口頭約束の場合でも基本法的には貸し借りが成立します。但し、貸した側が裁判を起こす時「貸した事実を証明」しなければいけないので、口頭、手渡しの場合、借りた側が「一切借りていない」と言えば証明はできないですね。この事実を証明するのが「借用書」です。

銀行振り込みなどで口座に名前の記帳などがあれば証明になりそうですが、現金手渡しだとね。

このサイトにきている方は個人から「借りる方」が多いでしょうから機会は少ないかもですがもし知人にお金を貸す場合は必ず借用書を準備しましょう。年利の設定をしていない場合も法律で定められた年5%で貸しつけという形になります。

個人からの借入れの場合連絡がとれないという理由で10年たってしまう事もなきにしもあらずでしょうが、相手が法人(賃金業者)の場合はなにも連絡をしてこないということはあり得ないと思います。稀に「夜逃げ」等をして支払いをしない期間をつくれば時効成立となるという話がありますが、業者も逃げられる訳にはいきませんので債権回収会社等を利用し逃げている人の身元を特定しにくるでしょう。

時効が成立するには5年以上が立ち、その間に返済や、相手方からの督促状がない場合になります。一度督促や内容証明を受け取った時点でNG(時効の中断)となります。時効の期間が過ぎた場合消滅時効援用という手続きを行うことにより債務はなくなります。

これ、言葉で書いても非常に難しい話なのですがそもそも逃げて借金を踏み倒す行為自体推奨されるべきものではありませんし、何より人生消耗して無駄に終わるだけです。借金を業者からしている時点で、信用情報に記録はされていますし、借りた時点で身元はばれるし、映画の正解で逃げ惑う主人公の様な形で一生を過ごすことになるのではないでしょうか。就職先は?もしかしたら、今周りにいる人は自分を追っているのではなど本当に辞めておいたほうが良いです。そもそもそんな為に時効というのを作っているわけではないでしょうし。

借用書作らないで貸した人が悪い理由

個人間の貸し借りについては、根本的に、近しい友人や恋人などに100万単位での貸し借りはしないほうがいいです。もし、するとしても絶対に「借用書」にサインをすべきです。これは間柄、関係を崩すからそういう契約書を交わすのは嫌だとかアマちゃんな考え方ですと、まわりに迷惑もかける可能性もあるわけで。

例えば、借りたあなた突然の事故死を起こしたとします。借金返済詐欺などで息子さん、娘さんが親に取り立てにいく。など話を聞くことがあります。まあ、契約関係にかかわっていなければ返済義務はまずありませんが、自分の息子、娘が友達に100万借りていたら親として返すのが義務という考えを持つ方は多いと思います。しかし、子供の友達が生前●●さんにお金を貸していたんで返してもらえますか?「借用書はありません」というのでは疑心暗鬼になってしまいますね。

一例ですが、裁判でなくても「証拠」というのはそういうことです。

まあ根本的に借りて返す意思がないとか逃亡している人はホント人間としてどうかしていると思いますので借用書が無くても民事で裁判をしようとする方(ほとんど弁護士通して和解で済ますことが多い)の気持ちはわからないでもないです。個人の貸し借りで年率5%の設定をしている人なんてたぶんゼロに近いでしょうし利子がほぼつかない善意でお金を貸す人がこういった被害に会うのかと思います。基本的に、消費者金融等の賃金業者にまったく返す気が無いというのも悪いのですけどね。

個人間の場合債務整理できない?

自己破産等の場合は個人の借金も債務整理対象になりますが、督促や電話のやりとりをストップさせることはできません。

問題は、知人との関係性ですよね。恨みねたみを買うのは法律では解決できないので、例えば業者からも個人からも借金しているならさっさと個人に返す努力をし、どうしても理由があって返済が厳しいなら自己破産とかのほうが健全かなと。